アートメイクがおすすめのパーツで眉

誠実に診療を行っているクリニック選び
未分類

アートメイクで眉描き

2017-10-10

眉は顔の中でも目についで目につきやすい部位です。眉の長さや濃さあるいは太さなどで表情ががらりと変わってしまいますから、気になっている人は多いはずです。時代によっても形や長さなど表現が違ってくるのも他とは違う眉の特長であり、宿命です。昭和30年代はくっきりと太く目立つように描くのが主流でした。世の中をリードしていく強い女性の台頭がそのまま眉の描き方にも、よく表れていた時代でした。

近年はどちらかと言えばあまり濃く自己主張せずナチュラルに描くのが流行していて、海外の有名女優の眉を見てもナチュラルな描き方が目立ちます。時代と共に変わっていくメイクの世界ですから、形を決めていくのにも神経を使います。アートメイクに携わるドクターも医療技術だけではなく、美しく女性を変身させるための美的センスと先見の目が要求される時代となり、ますます精進していく事を迫られていますから、中には二の足を踏んでしまうドクターが増えている事も事実ですが、しっかり留まって研鑽を積み重ねているクリニックが増えているのも事実なのです。

眉に色素を入れていくという事はそれだけ高い技術とリスクを伴う事ですから、しっかりとカウンセリングを受けて慎重に考える事を求められる事が多いです。メリットだけではなくリスクも理解した上での施術が望ましいと言えます。厳しい時代だからこそクリニックが自然淘汰されてほんとうに腕の良いドクターを揃えたクリニックだけが生き残っていく事でしょう。