アートメイクがおすすめのパーツで眉

誠実に診療を行っているクリニック選び
未分類

オススメ

By on 2017-10-13

眉は時代と共に描き方が微妙に違ってきますから、通常は色がついたかつかないかわからない程度にうっすらと色素を埋め込んでいきます。仕上げは自分でする事になりますが、うっすらと色つけされていますからメイク時は少し形がはっきりする程度で充分です。あくまでも自然にいきたいならそのままメイクをしなくても良いかもしれません。

色素はFDA認可薬剤が使用されていますが、それでも膚が弱いとアレルギー症状を発症する可能性も0ではありません。クリニックによってはアトピー性皮膚炎や感染症を抱えている場合お断りされる事があります。色素には鉄分が多く含まれている事が明らかになっています。そうした理由から金属アレルギーの人も不適切です。

妊娠中のようにホルモンのバランスが崩れやすい時だと、麻酔をしていても施術中の痛みを必要以上に感じやすくなりますから、なるべく出産がすんで体調が万全になった時点でアートメイクを検討した方が賢明です。その他アートメイクを受ける場合の注意事項がいくつもあるのです。こうした注意事項やデメリットまで正確に情報提供しているアートメイクを行うクリニックがオススメです

万が一の事故やデメリットが大きくなってしまった時は、クリニックなら治療器具や薬品もそろっていてすぐに対応してくれますから安心です

未分類

眉は難しい

By on 2017-10-11

眉はただ線を引けば良いというものではなく、誰がみても安心できる美しいラインをひかなければなりませんから、実はとても難しいのです。アートメイク以前に形よく描く事で苦労している人が多いのも現実です。実際自分では美しくできたつもりになっていても、第三者からみるとなんともアンバランスで、そこだけ目立っていると感じるメイクもたまに目につきます。

かといってただでさえ忙しい時間にいちいちバランスまで考えておれず、適当に描いてすましてしまっているならなんとももったいない事です。カウンセリングでは医師とユーザーが一緒に眉デザインを話し合って、納得のできる図案が決まると看護師が針で色素を埋めていくのが一般的です。一度埋め込んだら修正がききませんから、慎重に形を決めていきます。

局部麻酔をしてからの施術になりますからちくりとした小さな刺激を受けるだけで、飛び上がるほどの痛みは感じないのが普通ですが、それでも痛みの感じ方に個人差がありますから、あまり痛んで辛いという時は正直に担当医に話して中断する事も可能ですから、無理はしないでください。眉の場合はクリニックによっても違いますが、安いところでも数万円程度ですが何回も施術を繰り返した場合トータルで10万円を越える事もあります。

未分類

アートメイクで眉描き

By on 2017-10-10

眉は顔の中でも目についで目につきやすい部位です。眉の長さや濃さあるいは太さなどで表情ががらりと変わってしまいますから、気になっている人は多いはずです。時代によっても形や長さなど表現が違ってくるのも他とは違う眉の特長であり、宿命です。昭和30年代はくっきりと太く目立つように描くのが主流でした。世の中をリードしていく強い女性の台頭がそのまま眉の描き方にも、よく表れていた時代でした。

近年はどちらかと言えばあまり濃く自己主張せずナチュラルに描くのが流行していて、海外の有名女優の眉を見てもナチュラルな描き方が目立ちます。時代と共に変わっていくメイクの世界ですから、形を決めていくのにも神経を使います。アートメイクに携わるドクターも医療技術だけではなく、美しく女性を変身させるための美的センスと先見の目が要求される時代となり、ますます精進していく事を迫られていますから、中には二の足を踏んでしまうドクターが増えている事も事実ですが、しっかり留まって研鑽を積み重ねているクリニックが増えているのも事実なのです。

眉に色素を入れていくという事はそれだけ高い技術とリスクを伴う事ですから、しっかりとカウンセリングを受けて慎重に考える事を求められる事が多いです。メリットだけではなくリスクも理解した上での施術が望ましいと言えます。厳しい時代だからこそクリニックが自然淘汰されてほんとうに腕の良いドクターを揃えたクリニックだけが生き残っていく事でしょう。